サッカーのキックを科学的に分析して上達を目指す教材Webサイト
ダイナミック・サッカー

インストラクターチャンネル

段階的指導ステップ例:インステップキック

1. 足首を伸ばしてキックモーションの素振りをする。

 日常の歩く動きや走る動きは、足首を曲げてスイングする運動が中心である。しかし、インステップキックのように、足首を伸ばしてスイングする動きは、比較的非日常的な動きなので、新しい運動として身に付けさせる必要がある。反射的に足首を曲げてスイングしてしまう子どももいるので、その場合は、その動きを意識的に取り除く必要がある。

2. 空中にあるボールをインステップでキックする(パントキック)。

 最初から地面にあるボールを蹴ろうとすると、爪先で地面を蹴ってしまう危険性がある。それを回避する意味や、恐怖心を取り除く意味で、手で軽く落としたボールをインステップで蹴るパントキックから入った方が、足首を伸ばしてキックする運動感覚をつかみやすい。

3. ショートバウンドのボールをインステップでキックする(ドロップキック)。

 このドロップキックの練習は、浮き球のキックからの導入のバリエーションで、パントキック同様、足首を伸ばしてキックする運動感覚をつかみ易い。また、最後の一歩を大きく取る事により、大きなバックスイングからのキック動作を習得しやすい。

4. 草や芝生の上に置いたボールをインステップでキックする。

 足首を伸ばしてボールをインパクトできるようになったら、インパクト時のスイング速度を高めるために、助走の最後の一歩を大きく取る事を練習する。バックスイングの際の蹴り足は、膝を中心にV字になるように意識させ、膝関節を軸にフォワードスイングさせると下肢の運動連鎖の感覚をつかみやすい。また、軸足のつく位置がボールの横になるように注意させる。足首を伸ばしてキックモーションの素振りをする。

5. ころがってくるボールをインステップでキックする。

 タイミングをとることが、やや難しくなるが、ころがってくるボールの勢いを利用することで、インパクト時の力積が大きくなり、インステップキックの持つダイナミックなインパクト感覚が習得しやすい。

6. ドリブルしてボールをインステップでキックする。

ドリブルからインステップキックをする場合、自分から逃げていくボールをキックする場合が多く、軸足のつき方や体の調整に積極性が必要になるが、いろいろな体勢からインステップでインパクトする感覚が習得でき、多様なインステップキックができるようになる。軸足がボール横より遠くなる子どももいるので、その場合は修正が必要である。



本教材では、子どもたちが身近に感ぜられるサッカーのキックを題材とし、学習者の興味性、積極性を引き出す複合教科型教材を目指しました。力学法則をキック技術に適用することで、自分のキック技術が進歩し、理数科学の重要性や必要性、効力感を、身をもって実体験できるような教材の開発を試みています。
Copyright © Since2004 ダイナミックサッカー All Right Reserved.