サッカーのキックを科学的に分析して上達を目指す教材Webサイト
ダイナミック・サッカー

インストラクターチャンネル

段階的指導ステップ例:カーブキック

1. 置いたボールに対し、インパクト面とスイング方向をずらしてインフロントでカーブキックする。

  カーブキックの物理的基本はボールにスピンをかけることであるが、ボールサイドを擦るイメージが強すぎると、ボールスピードが極端に遅くなってしまい、カーブする感覚も薄れる。初期の段階では、勢いよくボールが飛びながら、やや回転している程度で充分である。ある程度のボール速度を得るためには、インステップキック同様、大きなバックスイングや足関節の固定が重要である。

2. キックボードや相手に向かってカーブキックする。

  カーブキックの場合、ボールの飛び出し方向が、インステップキックとは異なり、やや、軸足側に傾く傾向があるので、その飛び出し方向感覚を習得する必要がある。また、カーブキックの際、股関節を中心としたハンマーパンチのような運動のみでキックしようとすると膝を痛めやすい。カーブキックでも、膝関節の曲げ伸ばし運動がスイングには不可欠であり、膝から下をスイングしてカーブキックをする感覚が重要である。

3. ゴールに向かってカーブキックをおこなう。

 ゴールを置く事によって、カーブキックの正確性がキックした人にフィードバックされやすい。

4. ゴールにゴールキーパーと壁をセットし、フリーキックを模擬してカーブキックをおこなう。

 フリーキックにおけるカーブキックについては、実戦的な練習を行なうことにより、ゴールキーパーのポジショニングとセーブしにくいコースやボールスピードを習得する必要がある。



本教材では、子どもたちが身近に感ぜられるサッカーのキックを題材とし、学習者の興味性、積極性を引き出す複合教科型教材を目指しました。力学法則をキック技術に適用することで、自分のキック技術が進歩し、理数科学の重要性や必要性、効力感を、身をもって実体験できるような教材の開発を試みています。
Copyright © Since2004 ダイナミックサッカー All Right Reserved.